子どもの予防矯正治療

マイオブレース

最近の子どもは、柔らかいものばかり食べているからあごが発達せず、歯並びが悪くなってしまうという話、一度は聞いたことがあると思います。

食生活は、歯並びに影響を与える要因のひとつではありますが、歯並びを悪化させてしまう要因はそれだけではありません。

幼少期に、無意識に習慣づいてしまった口呼吸の癖や舌の位置など、間違った口腔習癖によってあごの正常な発達が阻害されることで歯並びの悪化がもたらされてしまうのです。

ひと昔前の歯列矯正では、「永久歯が生えそろわないと矯正はできない」と言われていました。

でも、現在では従来考えられていたよりもずっと幼少期から矯正は可能です。

当医院で行っている予防矯正治療「マイオブレース」の場合、早いお子様で3歳から治療が行えます。

マイオブレースの場合、お子様が間違った口腔習癖を身につけてしまう前に、できるだけ早い時期から予防・治療を開始することで歯並びの悪化を根本的に防ぐことが可能になります。

具体的には、「正しい鼻呼吸」「正しい舌の位置」「正しい飲込み方」を身につけていただくことであごの正常な発達を促していきます。

このような治療によって正常にあごが発達すると、大人になってから歯科矯正を行わなくてもほとんどの場合に自然とまっすぐな歯が生えそろうようになります。

マイオブレース治療の効果

・間違った口腔習癖を改善する

・顎の発達や位置を改善する

・歯並びを改善する

・顔の骨格の最適な発達を促す

・健康改善

・健康な食習慣を促す

治療の手順

マイオブレースでは、取り外し可能なマウスピース型の器具を1日1時間と夜間就寝中に装着していただきます。

習癖の改善

マイオブレース治療の最初のステップでは口腔習癖の改善として以下のようなことを行います。

  • 口ではなく鼻から呼吸すること
  • 安静時の正しい舌の位置
  • 食べ物の正しい飲み込み方
  • 食事中や会話中以外は唇を閉じること

悪い歯並びやあごの発育不全の要因であるこれらの口腔習癖の改善し、あごが本来の十分な大きさまで成長する可能性が最大限に引き上げます。

歯列の発育

歯列の発育には、舌の位置が非常に重要で、口呼吸をしていると、舌の位置が低位置になるため、正常な顎の成長が出来ません。

そのため、顎の成長不足により歯が並ぶスペースがたりず歯列不正になってしまいます。

マイオブレースを使用して、まず鼻呼吸の確立、そして正常な舌の位置を維持することができ、正常な顎の成長へサポートし、歯が並ぶスペースを確保するよう導きます。

7歳以上であごが未発達のお子様については、あごの発達を促し治療のスピードを促進させるために、マイオブレースに加え、バイオブロックやベンディングワイヤーシステムなどのマイオブレース・システムを合わせて使用します。

また7歳以下のお子様には、マイオブレースと併用してマイオレイの使用も行なっています。

歯の配列

永久歯の最後の1本が生え始めた段階でティーン用マイオブレースを使って歯並びを自然な位置へと導きます。

装置は取り外し自由なため、自発的に器具を毎日装着し、夜間睡眠時にも装着していただくことが治療には不可欠です。

そのため、理想的な結果を得るには、患者様の協力とやる気が必須になります。

保定

保定は正しい口腔習癖を確実にするための治療の最終ステージです。

通常の歯科矯正では、矯正装置を外した後に逆戻りを防ぐための保定装置が必要となります。

マイオブレース治療の場合、正しい口腔習癖を身につけることで、より安定した歯科矯正の結果が得られ、健康全般が改善されます。

お子様の歯並びは正しい口腔習癖から

お子様が大人になってからキレイな歯並びになるかどうかは、小さい頃からの口腔習慣によって変わります。

「お子様の口呼吸が気になる」「今のうちから歯並びの改善をしておきたい」という方は、まずはお気がるにご相談ください。